段々遠ざかる教師の声
グランドから響く笛の音
蝉が鳴いたら夏だった
頭を乗っけた両腕が暑い

段々遠ざかる現実問題
どこからか響く警笛の音
ストーブのやかんが揺れて
吐く息が白い冬の午後

 一年中
 僕は居眠りしてばかりいる
 全部忘れて真白い体で歩く
 眠いから寝るのであって
 そこで踏ん張る事はしない

段々近づく新しい扉
過去から響くゆるいリズム
ブレザーの汚れが目立って
背もたれにかけた春だった

初めて止まって考えた
もう一度戻った夏の終り
疲れた僕も舞い散る秋の夜
一人で眠り行く 明日のために

 これからも
 居眠りしては忘れるのだろう
 考えてもしょうがないことを
 どうしようもない冷たい現実を
 あくびもしないで 居眠り、居眠り

居眠りしては・・・
居眠りしながら・・・

いねむり

by Shogo Suzuki