スクエア

無風空間で揺れるキャンドル
そっと繰り返す呼吸が明日へ

誰も知らない地下への階段
手探りで降りてゆけば明日へ

 広がって、
 群がって、
 そしたら面白がって、
 また、手を伸ばすんだ。

僕は僕自身のスクエアで生き
行き交う人達との間に壁を築く
近づき過ぎず離れ過ぎず
ただ、小さな窓からから外を眺めているに過ぎないんだ

独り取り残されない為の笑顔
僕をまだつなぎ止めている鍵

自分だけのスクエアは守りたい
けど周りは賑わっていて欲しい

 誘って、
 断って、
 たまには面白がって、
 知らん顔してしまうんだ。

君にもまた君のスクエアがあり
お互いが踏み越えてしまう暑い夜
知りたいことは全部を探らず
ただ、自分勝手に理解して窓を閉じる そして僕の空間へ

僕は僕自身のスクエアで生き
息をひそめて明日を待つんだ
by Shogo Suzuki