矢継ぎ早に繰り出される君の言葉
らしく無い仕草でまき散らし
止まらない感情をむき出しのまま
全てを僕にぶつけてる

黙って見つめる僕の真上を
できたての言葉が通り過ぎては
取り繕う僕の優しい気持ちも
注いだ風になってしまう

うまく言葉が見つからないから
君の全部を むき出しになったその全部を
強く、強く抱きしめる

誰かのせいにして今を受け止め
何かのせいにしてどこかに逃げ込む
言うだけ言って、泣くだけ泣いたら
ゆっくり眠ればいい

黙って抱きしめる僕の中で
疲れ果てた君が眠りにつけば
静かに刻む呼吸のリズムも
これからの力に変わるような気がする

何から始めればいいか分からないから
眠った君の温もりだけを感じて
強く、優しく抱きしめる

強く抱きしめる

by Shogo Suzuki