東京国際映画祭2008(六本木にて)

国際映画祭
International Film Festival

映画市場においての買い付けや審査などが行われる映画祭。国際映画製作者連盟(FIAPF)が公認する「国際映画祭」は、毎年話題になる。特に、歴史が古い「ヴェネチア」「ベルリン」「カンヌ」を世界三大映画祭と日本では呼んでいる。さらに「トロント」や「モスクワ」、最近では「モントリオール」なども話題を振りまいている。

それぞれの映画祭でノミネートもしくは受賞、もっというなら正式出品作品だということが、広報的には大きな力を持つようで、エアーショーやモーターショーなどと同じ感覚で捉えることもできる。

カンヌなど、映画祭で有名という都市も多く、その期間中は街全体が映画祭漬けになるのも映画人気の奥深さを物語っている。

この国際映画製作者連盟(FIAPF)が公認する映画祭の中には、いくつかのタイプがある。先述の三大映画祭のように長編も短編も扱うものや、長編だけを扱う「東京」「モスクワ」「カイロ」、さらにコンペティションを行わない「トロント」など。特に、「トロント」は、北米最大の来場者数を誇り、「ヴェネチア」に代わって三大映画祭の一つと数えられることが多い。映画祭としての開始が世界でもっとも古いヴェネチアは、そんな状況に危機感を抱いているのか、同じイタリア国内の「ローマ」で大規模な映画祭が始まるなど右往左往している。

名だたる世界各都市の映画祭の中で、映画市場規模の大きい日本の、それも首都東京で行われる映画祭が今ひとつ注目されないのは、10月開催で目新しい作品がないことや、スポンサー主導になっていることなどがあげられており、現在、改善の真っ最中?と言われる。

ちなみに、アメリカ国内で上映される映画に対して、主演・助演、各スタッフなど、作品賞をはじめとして映画に携わるすべての部門に「賞」を与えるのがアカデミー賞で、これはFIARF公認の国際映画祭の中には含まれていない。

Perfectosへ

世界の主な国際映画祭

カンヌ国際映画祭(フランス)
ベルリン国際映画祭(ドイツ)
ヴェネチア国際映画祭(イタリア)
トロント国際映画祭(カナダ)
ロカルノ国際映画祭(スイス)
東京国際映画祭(日本)
モスクワ国際映画祭(ロシア)
Perfectos data