へこたれた僕を笑わせる不思議なパワー
鼻づまりの冬空に・寝不足の日ように・ハラペコの月ようも
あふれ出す強い力。



THE BOOMのファーストアルバム『A Peacetime Boom』の中に収録されている名曲「不思議なパワー」をついつい口ずさんでしまうことが最近多い。

なぜかしら、フワッと浮かんできて、急に気持ちが楽になったり、変に「できる」と自信がもてたり。そういうパワーが現れてくること。

今の時代、四面楚歌状態で売り上げは下がって、なにをどうすれば「道がひらけるのか」も分からない状態で。

こうゆう、「不思議なパワー」が浮かんだもの勝ち、というか
思いついたものの勝利というか。

そんな時代の言葉として、いいのではないかと思う。

ちなみに、このアルバムは1989年。今から20年も前に発売されている。それが今になって、、、と重みを増してきた。