世界のグルメ名酒博
2014年05月03日

GWの日比谷公園。大噴水広場の周りをずらりと14店舗。世界の郷土料理やビール・ワインを新緑と共に満喫しようというコピーの通り? ベルギーのベルジャンビア&フードから始まってアメリカ、イギリス、チェコ、ドイツ、フランス、トルコ、台湾と世界中から集まったブースの数々。日本の復興応援ブースも粋な日本酒を提供していた。

近頃、オクトーバーフェストを初め、世界中のグルメフェスを模して日本で開催することが多く、決まって、このグルメフェスには足を運んでしまう。ビアガーデンとは違って、もちろんBBQとも違う。割高だと分かっていてもやっぱりその国を代表するバルメニューは美味しいし、何より樽生のビールは格別だ。今回も、色々と飲みたかったが、猛暑+人の多さ(行列)に加えて子連れというのが重なって、あまり飲めも食べもできなかったが、雰囲気だけはばっちり楽しめた。

ソーセージとポテトが大好きな息子のリクエストで列を並んで購入。イギリスブースは店員(スタッフ)の対応が悪すぎ・のろすぎ、量はバラバラ+ビールに泡なしというさんざんたる結果だったが、ドイツのブースもベルギーのブースも気持ち良かった。噴水の周りを囲んでいるというロケーションも見事。

実はこのイベントは2会場同時開催で、もう少し日本寄りのブースを集めた東京スカイツリー会場もあった。同日、代々木公園で開催されていた南米のグルメフェス「シンコ・デ・マヨ フェスティバル」と掛け持ちしている人も多いようだった。

この日の日比谷公園は、時期が時期だけにものすごい警備の人だった。

→ reportに戻る