本屋

ただ本を買うなら、それも決め打ちで「これ」というものがあるなら、アマゾンの方がいい。さらに言うなら、二冊以上ある場合は送料も無料だし、翌々日には届く。それもたいそうなパッケージで。

でも、本屋はいい。

単純に本を読むと言うとき、外で読む機会の多い僕は、書店のブックカバーが欠かせない。これが、アマゾンでは叶わない。そして、あの独特の本屋の匂いと、棚の個性、次々に手にしてはペラペラやるあの感じ。

長居した本屋の棚の前で、僕はホッとする。

作家順、はたまた出版社毎、特集の棚では売れる顔を揃えたり、こだわりを見せたり。そんないちいちに反応していると、あっという間に時間が過ぎる。

閉店間際まで居て、ちょっと焦るああいうところが、もっとゆっくり居たいななんて思うところが、実にいい。

丸善・日本橋にて