プラネタリウム
Planetarium
プラネット(惑星)と星の運動を再現する装置で、ドーム状の屋根(スクリーン)に映し出すもの。

ドイツ人ヴァルター・バウアースフェルトにより発明され、1923年ハイデルベルク天文台で投影されたのが始まり。

アジアでは1937年、大阪市立科学館(元大阪市立電気科学館)で初めて設置され、投影された。

世界一のプラネタリウム保有数を誇る国はアメリカで、二位が日本。
世界一大きなプラネタリウムは、愛媛県総合科学博物館にあり、ドームの直径30メートル。大きさだけで言うなら上位5位までがすべて日本にあり。
Perfectos data
世界で一番大きなプラネタリウム @愛媛県総合科学博物館
世界最多の恒星(500万個)を投影するプラネタリウム「MEGASTAR-Ucosmos」 @日本科学未来館

Perfectosへ