→sekai MESHIトップに戻る

【フランス料理】
L'ATELIER de Joel Robuchon
(ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション)@六本木

“食材そのもののおいしさ・価値を最大限に引き出したシンプルフレンチ”。ジョエル・ロブション氏の料理コンセプトであるそんな「味」を提供してくれるお店。まずは「パン」にその真髄を見たような気がする。美味しいパンが優しい味という直結した数式。つまり「イコール」。それを具現化した味に感嘆する。この「ラトリエ」は、カウンターフレンチという新しい形を提供する店だ。つまりは、カウンター越しに「会話」を楽しみながら、リーズナブルに本格フレンチを味わう。オープンキッチンは、「見せ場」としても客を惹きつける。見せるための「野菜」たちは赤・緑・黄に輝いている。全体に黒と紅で統一したシックな雰囲気も、妙に落ち着けた。サーブするスタッフのにこやかかつわざとらしさのない「自然体」にも感動だ。ハード・ソフトの両面で雰囲気は文句なし。

味。パンで始まった驚きの味が、前菜で笑顔になってくる。ホタテが絶妙で、パスタ風のキュウリが遊び心をくすぐる。季節の野菜と茄子。同時に口の中に放り込むとじんわり広がる味の多面性。なんとも良い。

メインディッシュは子羊とアイナメ、肉と魚をチョイス。白身魚にはこれ以上ないだろうというソースが絡み、烏賊の歯ごたえが嫌味なく主張する。子羊は繊細な味だ。臭みがないなんてことはわざわざ書かない。いや、むしろ、それをも活かした特別な味わいに仕上げている。笑顔になった後のメインで、幸せ感が最高潮になる。

デザート。夏らしい日向夏のジュレは、3層。スプーンを底まであてて、一気に食べる。また、笑顔。個人的には、クレームブリュレが、フランボワーズの酸味とからんで絶妙だった。

久しぶりの、これはもう文句なしの3つ星だ。

【 3 Course Menu \3,900-(税・サ別)】

《前菜》

長茄子のキャビア見立て ほのかに香るカレーの風味で 
歯ごたえのある季節の野菜をのせて
(写真 上段 中央)

ホタテ貝のソテー 
酸味と辛味の効いたコンディメントを添えて
(写真 上段 右)

《メインディッシュ》
子羊鞍下肉を野菜と共にクレピネットに
(写真 中段 左)

アイナメのポワレ 小烏賊のソテーを添えて 
バジルの香るアサリのブイヨンソースと共に
(写真 中段 右)

《デザート》
ヴァニラのたっぷり入ったクレームブリュレに
フランボワーズのソルベをのせて
(写真 下段 左)

日向夏のジュレとホワイトチョコレートのムースのアンサンブル 
蜂蜜のグラスを添えて(写真 下段 右)