カンプ・ノウ・スタジアム(バルセロナ)にて

Perfectosへ


世界最大のスタジアム @「ストラホフ・スタジアム(22万人収容)」(プラハ)
世界最大のサッカー専用スタジアム @「アステカ・スタジアム(11万4,000人収容)」(メキシコシティ)
日本最大のスタジアム @「日産スタジアム(7万2,327人収容)」(横浜)
日本最大のサッカー専用スタジアム @「埼玉スタジアム(6万3,700人収容)」(埼玉)
Perfectos data
スタジアムと聞いて、まず何を思い浮かべるか。多くの場合、サッカー競技場だろうか。それとも陸上競技場?サッカー専用スタジアムは、それだけでは運営が難しいということから、だいたい周りにトラックがある。と、なるとそれは総合競技場ということになる。記憶に新しい今年2007年夏の「世界陸上大阪大会」。あれは同市内にある長居陸上競技場で行われた。日本では最大規模の収容人員(5万人)を誇る第一種公認陸上競技場である。通称は長居スタジアム。Jリーグ、セレッソ大阪のホームスタジアムだ。02年のワールドカップの際にも使用された。つまり、陸上兼サッカースタジアム。

サッカー専用(周りにトラックがない)として日本最大を誇るのは収容人員6万3,700人の「埼玉スタジアム」。その上、日本最大のスタジアムは、収容人員は7万2,327人の「日産スタジアム」(旧横浜国際スタジアム)。

世界ではどうか。有名なところでは、2014年にワールドカップ開催地に決まったブラジルのリオデジャネイロにある「マラカナン」スタジアム。収容人員はなんと10万3,000人。しかも、サッカー専用スタジアムというから、お国柄か。上の写真にあるバルセロナの「カンプ・ノウ・スタジアム」もサッカー専用スタジアムとしては最大規模(収容人員9万8,000人)。ブラジルでもバルセロナでも、その収容人員だけではなく、サポーターの「熱さ」もすさまじく、これは世界で最も…と冠するにぴったりくる光景が見られる。ちなみに、世界最大のサッカー専用スタジアムは、メキシコシティーにある「アステカスタジアム」。収容人員11万4,000人。トラックを持つ総合スタジアムで、つまり世界で一番大きなスタジアムはどこかというと、意外にもチェコのプラハにあって、収容人員22万人という「ストラホフ・スタジアム」。22万人て、、、ちょっとした「市」であれば、全員が入れてしまう規模。日本では、国土からいって難しいか。それを維持するだけのイベントがないのが実情というところかも知れない。そんなに大きいの、いらないしね・・・。
スタジアム
stadium