台湾に本店を持つ点心屋。日本では、全国の高島屋を中心にチェーン展開している同店は、行列のできる店で有名。ニューヨーク・タイムズ紙で世界10大レストランに選ばれた('93)ことを全面的に打ち出している。

小籠包は確かに旨く、その他メニューも味的には文句の付けようのない2つ星だが、やはり人気店ゆえ回転率をあげるためか、どこかファミリーレストラン的雰囲気があり、その雰囲気が肉汁たっぷりで、破れない皮をもつ小籠包の味まで濁らせている。ちなみに、小籠包3種盛(肉・ホタテ・蟹味噌/1,000円)も食べたが、肉が一番美味しかった。注目すべきは、辛すぎないマイルドな味付けの担々麺、それから炒飯(1,000円)が絶品であること。

台湾点心は、安くて旨いというB級グルメ的なところがあるので、肩肘張らず気楽に楽しむ「普段使いの店」として重宝するだろうことは間違いない。デザートのマンゴープリンは、柔らかく美味。クーポンで無料になったところもいただける。ふと思い出したように食べたくなる、くせになる味のこの店の小籠包。人気店だということも頷ける。

【台湾点心・小籠包】
鼎泰豊(ディンタイフォン)@新宿

→sekai MESHIトップに戻る


上)小籠包780円
下左から)大根餅560円、担々麺1,000円、杏仁豆腐とマンゴープリン