踏みきりの向こうに住んでる「君」に会いに……
なのに『あかずの踏みきり』。夕焼けの町の匂い。
アルバムは、この少し切ないポップチューンで始まる。

日本で始めてミリオンを達成した大ヒットアルバム。
発売されたのはぼくが生まれる前の1973年。

そしてぼくが始めて聴いたのは中学1年の時。
『感謝知らずの女』がラジオなんかで流れていて
「なんだ、この歌は???」というのがきっかけ。
バラエティ番組に出演して張り上げるように
唄いあげていた『リバーサイドホテル』。

これでつながった、井上陽水というのか、と。
たまたま手にしたこのアルバム。
アルバムタイトルにもなっている『氷の世界』を聴いて
頭の中に浮かんだカラフルなイメージ。

無色透明な氷の世界。きっと無音。
キーンという張りつめた空気が耳たぶやなんかを
シュッと切ってしまうような、そんなイメージ。

そこに始まる第一声が、「窓の外ではリンゴ売り」。
モノクロな世界にリンゴの赤がぽっと浮かぶ。
と、、、「きっと誰かがふざけて、りんご売りのまねを
しているだけなんだろう」。リンゴの赤がスーッと消える。

陽水の歌には「色」がある、そして「匂い」がある。
と、ぼくは思う。そこが好き。

『チエちゃん』『待ちぼうけ』『心もよう』。名曲揃い。
「真っ白な陶磁器を飽きもせず眺める」『白い一日』........

「君がわるいのさ今日は、ひとりで恋なんかして」
なんとなくラララと明日に日記をつける感じでスキップ
しそうな『Fun』。

「もうみんな終わったのに…」「泣き笑いを続けている」
と『おやすみ』は唄う。

続くから、とりあえず、今日はおやすみ、と。



→ MusicAに戻る


氷の世界
井上陽水 (1973年発売


あかずの踏切り / はじまり / 帰れない二人
チエちゃん / 氷の世界 /白い一日 / 自己嫌悪
心もよう / 待ちぼうけ / 桜三月散歩道
Fun /小春おばさん / おやすみ