ポケットから出した手で
道ばたに咲いた花に手を伸ばす

上着を脱いだ身軽な肩を
二、三度回してみては

もう、春だな、と頬が緩む


水際の草が匂いを放ち
導くような虫たちと戯れる

対岸ではクリケットの歓声
白いボールが青空の下を飛んでいく

さぁ、春だな、と足が進む


流れる川の下流で溜まるメロディ
橋の上から眺める神様の行列
透き通る空気の中に混じる粉
鼻の奥がむずがゆい

川沿いの散歩道
軽快な犬たちのウォーキング

待ちに待った 春の調べ

もう、春だな、と気がはやる

川沿いウォーキング

by Shogo Suzuki