真っ白い空

ホームの雑踏も微か
雨上がりの重い午後
使い古した僕を抱いて
ベンチに一人腰掛ける

剥がれない古新聞と
飲みかけの缶コーヒー
スローモーションで流れてく枯葉
止まった時間に目を閉じる

ふと東に広がる空を見た
真っ白い空をただ見ていた
頬に風を感じながら
何もない真っ白い空を見た

工場の屋根から煙があがる
追いかけるように鐘がなる
ひとつずつ僕に戻り
電話のベルで席をたつ

歩きながらまた空を仰いだ
灰色の雲に覆われた白い空

遠くに透明な光が細く射すから
「これでいいんだ」と歩き続けた

真っ白い空と冷たい風
流れる今日と明日も
どこまでも続く空の下

いつかは晴れるから今は
「これでいいんだ」と歩き続けた
by Shogo Suzuki