鈍く軋むような音がする。

変わらないように見える距離
前にもあったような普通の日々

なのに、
どこか、違う。何か、変だ。

耳鳴りのようなそれは
どこか確信に近い絶望も示す

むきになって否定しては
変わらぬはずだと手を伸ばし

触れようとしても
空を切って無を提示するだけ

ぼくは今、
どこに立ち、何を言って、どんな姿なんだ?

ぼくの言葉が行って返る合間
そこにある小さな、だけど、明確な沈黙
そして、きみの静か。

何が変わり、どんな風に受け止められたのか

変わらないように見える距離と
確実に変わったぼくときみの間
深く、深く、深く
とても静かに、微動する

鈍く軋むような音が、まだ、する。

初期微動〜何か、変だ。〜

by Shogo Suzuki