ヤサシサカブセ

誰かの優しさは
きっと、
もっと大きな誰かの優しさに支えられ
だから、
やさしいきもちでいられるんだ

僕の優しさが
仮に、
君に届いて喜んでいるのなら
それは、
君の優しさのおかげなんだと思う

小さな喜びがスタジアムに鳴り響き
体内の細胞を奮いたたせるように
ほんのささいな優しさも
いくつも重なり笑顔が満たす晴天になる

カブセよう
次から次へ
僕から君へ 君から彼女へ 彼女から彼へ

そうして満たそう
小さな、ほんのささいな優しさを
大きなウェーブになるまで
小さなヤサシサの泡を吐くんだ

やさしいきもち
僕に一つ、君にも一つ、
日本に一億、世界に六十三億、

巡り巡って
僕は君にやさしく、
君も僕にやさしい。
by Shogo Suzuki