「世界中でほんとに最悪の状態です」

今日は、4月4日です。4(し)と4(し)が合わさってしあわせの日だ、なんて私は勝手に言ってるんですが、昔は、感覚的に死が死と重なって縁起が悪いと思っていました。さらに今年は、今日4月4日が、二十四節気の「清明」。万物がすがすがしく明るく美しい頃、いうことになります。確かに、朝から晴天で、気温も高く、桜の花びらが風に舞って綺麗です。

な〜んて、今週ぐらいは「コロナ」のことは書かないぞ!と思って書き出しましたが、浮かぶことと言えば、ドラッグストアやコンビニ、キオスクではマスクないかな、と覗く毎日で、彼方此方でコロナ感染者の噂、そしてニュースは東京で今日何人の感染が確認、などなど。挙げ句、エイプリルフールには、安倍首相から布マスクを1つの住所に2枚ずつ配布するという嘘のようなニュースまで飛び込んできて。

志村けんさんの訃報、阪神の藤浪選手やヴィッセル神戸の酒井高徳選手、クドカンに森三中の黒沢さんなど有名人の感染を聞いていると、もう新型コロナは完全に近くに忍び寄っていて。それなのに、まだ普通に満員電車に乗っていたりすると、ねぇ〜、これ、どうしたもんか、と。本格的に、一歩も外にでない生活に入ろうかとも思うのですが、それはそれで、1ヶ月、2ヶ月と続くと、おかしくもなりそうで。

特に、小学生にはきついです。息子の学校は、始業式の後、ゴールデンウィークまでは分散登校をするといって、具体的に何年生はいついつ登校というスケジュールが発表がされたかと思うと、その日のうちに、やっぱり始業式、分散登校を見あわせるという発表がありました。バタバタですね。どうすればいいのか、自治体へ任された判断が、なかなか難しいことになっていますよね。これで、新たなクラスターになったりしたら。今回ばかりは、命に関わることですからね。

手洗いとうがいとマスクで乗り切れるのかどうか。わが家のマスクも、いよいよ底をついてきました。外出も自粛で、展覧会も映画もイベントも、デパートもレストランも休館、公演中止に休業ですからね。まったくどうしたもんかと思う、4月の最初の週末です。

昨日は、本当ならJ1に戻ってきたキング・カズの横浜FCと東京の試合を味スタに見に行ってるはずで、明日は体操のオリンピック予選の大会を観戦する予定でした。来週の水曜、8日はパルコ劇場のこけら落としの舞台「ピサロ」を(かなりいい席のチケットがとれたので)見て、週末にはバンクシー展や隅田川怒濤というイベントやFINA飛込ワールドカップへ行くはずの4月だったのに、今は、ぴあやイープラスのアプリから、公演中止による払い戻し手続きをする日々です。

SARSや新型インフルエンザ、もっと言えば、震災などの混乱時期も、これだけ全世界的にすべてが「止まる」ということはなかったですからね。いかに、今回のコロナ・ショックが異様で異常か。この規模の大きさに先行きを考えると、不安しかありません。いつまで続くのか分からないから経済的な窮地に対しての予測も立たず、今は耐えるべきというにも、体力がもつかどうか。資金繰りは、かなり厳しくなっています。

ランニングコストだけがかかって、政府が打ち出す救済策にも、いまいち決め手になるものもなく。なんなんでしょうね。今回の新型コロナウイルス感染は、ウイルスの力がこれまで以上なんですか?それとも、ウイルスに対する初動なり、医療基盤なりが、なるべくしてなったと言う形で崩壊したからですか?そもそも、武漢という都市に、「やすかろう」で進出した世界中の企業が、それぞれ自国に持ち帰ったウイルスが発信元で、これだけ広がったという構図で間違いなんですか?

今回は、これまでには考えもできないようなことを、次々に、どこか普通にやってしまっているように思います。

最初はやはり、全国一斉に公立学校を休校にしたことでしょうね。Jリーグの試合が延期になった!?というのに信じられないという感覚だった矢先、学校を一斉に休校にするという突然の発表。えええ、どういうこと、それ。インフルエンザの生徒が多いので閉鎖するにしても「学級」単位なのに、全国津々浦々の小学・中学・高校などの学校を一斉に休みにするなんて。おおよそ、信じられないフィクションのような出来事でした。

その後も、北海道で週末の外出を自粛するよう要請する知事の会見があり、「外出する」ことを制限するなんてこと、すごいことを言うなぁ、なんて思っていたのも、この時は、まだ今夏のオリンピックのために、安倍さんはじめ、いろいろとパフォーマンスが必要なんだろうな、と思っていました。

大きな節目は、東京五輪の延期。ニュース速報の番組が差し込まれるほど重大なニュースで、戦時下でもない限りこんなこと、あり得ないと思っていましたからね。びっくりなんて通りすぎて、ただただアンビリーバボーでした。とはいえ、日本では、重要だといわれた2週間を終え、「外国では大変なことになっている」という認識でしたが、まぁ、オリンピックは世界相手ですからね。イタリアのように医療体制が切り詰められた上に、このコロナでは、見殺しにした命も多かったのではないかと心が痛みます。

東京五輪の延期。これが決まった後に、出るわ、出るわの日本の感染者報告。これは、何かのただが外れたか?と疑うほどでした。どんどん新型コロナ感染者が確認されて、オーバーシュートだのロックダウンなどとカタカナが飛び交って、なんだか、よく分からないけど「タイヘンナコトニナッテル」という空気感が濃厚になって。

もう、今は都市封鎖、東京という大都市のロックダウンを待っているような状態になっているようにも思えます。都市封鎖になったら、全員が不要不急の外出を自粛し、もし「外にでていたら」罰金なのか? 仕事はできないから、その分は補償されるのか? そもそも、この自宅頼りでいいのか?外に出ずに家にいろ、というメッセージ。これによって、DVや虐待など、ストレスが一杯になった後の悲劇はあとを絶ちません。

収束させること。そしたら、隅々まで行き届いた支援で、国から税金をつぎ込んで守っていく。何しろ、非常時ですから、と。確かにその通りです。が、この「国からもらえる」という日本人の意識って、すごく怖くないですか?

政府が何を決めようと、「ありがとうございます」と御礼をいう筋合いはなく、そんな点数稼ぎでほんとに大丈夫なのか?代議士君、と監視の目を強くしないといけませんよね。それでなくても、収入(税収)よりも、支出(歳出)の方が多い国です。借金(国債)は、日本という国の経済力を信頼基盤にしていて、万が一、それが崩れたら。

お金が必要になる=経済力が弱る、となれば、国債も下がって国がつぶれる、なんていうのが、かつて勢いのあった国で起こってきたことです。イタリアでも英国でも、緊縮でいろんなものを切り詰めて、アメリカでは、個人の自由の死守?のための国民皆保険の否定などがかさなって、つまり、痛いところをピンポイントでコロナが突いたという形で大きな被害がでています。

感染者数、死者数ともに、世界中で本当に最悪の状態です。

「国がくれるから」なんて言っていると、日本も明日は我が身。日本の国はイコール自分達自身で、これは、「会社」という従属意識とは一線を画す必要があります。なぜなら、会社の場合は去ることができますが、日本という国は、泥舟になっても一緒に沈むしかないですからね。

今、この大混乱な時期を、いつも突然、なんとも独善なやり口で、いろんな【これまで考えもできなかったこと】を、まるで「普通のこと」のようにされては、危機です。布マスクだの、30万円だの、○○税の免除だの延期だの。今、目の間にある「本当の危機」よりも、パンチ力のあるものばかり発信してませんか?

などなど、いろいろと言いたいことはありますが、今は、本当に世界中が最悪な状態なのです。全世界で、このコロナウイルスと戦う時期です。自国民の顔を余所にむけるためのミサイル発射や攻撃など使い古された「策」は止めて、ここは本気で、全世界で、立ち向かいたいところです。

全世界で立ち向かう、なんて書いていると、ますます、今のこの状況が、現実味のないハリウッド映画のような気がしてならないです。イラク戦争でも、9.11のツインタワーでも、私たちは映画のワンシーンのような最悪な現実を見せられました。確実に今、みたくもないフィクションのような現実の渦中にいるんですよね。



 2020年4月4日

過去の日記はこちらへ 


※不定期更新のブログはこちら

about this site




Copyright (C) Shogo Suzuki. All Rights Reserved.
■2020年3月7日更新
Tabi-Danaの「旅の本棚」に
ザハ・ハディッドなど追加
NaRaDeWa
「たい焼き」追加
■2020年3月14日更新
words
「テレ」を追加
SHI-shu
「ツクルワタシ」を追加
■2020年4月4日更新
Scenic Spot
「世田谷区役所」追加
words
「ロックダウン(都市封鎖)」
■2019年12月28日更新
Hot Times
「しっぽりと、年末」を追加
words
「香港基本法・香港人権法」
■2020年2月29日更新
Report
「芸能体験・落語」
Essay
「敏感・過敏・鈍感」を追加
■2020年1月5日更新
Hot Times
「Bリーグ(東京vs千葉)」
Report
「USJ大晦日レポ」追加
■2020年1月12日更新
atelier
「高御座と御帳台」
Hot Times
「高校サッカー準決勝」を追加
■2020年1月25日更新
atelier
「中野正貴『東京』写真展」
Tabi-Dana
旅の本棚」に追加
■2020年2月1日更新
SHI-shu
「パーク」
CinemaS
「CATS(キャッツ)」を追加
■2020年2月8日更新
words
「同調圧力」追加
atelier
「ダムタイプ展」
■2020年3月20日更新
Scenic Spot
「高輪ゲートウェイ駅」を追加
MusicA
「竹原ピストル」追加
■2020年3月29日更新
Report
「グランピング TENT」
Hot Times
「春のサーフィン海岸」
    

外出自粛の週末。
家で人生ゲーム。
@自宅にて

↑今週の1枚、
詳細は写真をクリック



■2020年1月18日更新
sekai-MESHI
「ステーキハウス 六角堂」
Scenic Spot
「下鴨神社」
■2020年2月15日更新
Report
「サウンドクリエーター体験」
NaRaDeWa
「深川めし」追加
■2020年2月22日更新
Tabi-Dana
旅の音棚」に追加
atelier
「芸術都市バルセロナ展」