「それ以上の、キャッチボール」

光の当たらない影・陰、のようなものをもった人の、言葉や歌は突き刺さるのでしょうか。そうではなく、突き刺さるような言葉や歌を持つ人の、影・陰の部分を、周りが殊に強調したがっているのでしょうか。

後付けでどんどん膨らむ「その人」の像に、いつも感心(というか、へぇ〜と)してしまいます。ひきこもりで?コンピューターに向かって創造を膨らませた人が、表舞台に上がってきて、よりカリスマ性を増した?

米津玄師さんが、そんな風に書かれるのを見ながら、ぼんやりとそんなことを思いました。若者のカリスマ。かつて尾崎豊さんがその代名詞的な存在で、思春期の少年の心の中にダイレクトに突き刺さる言葉を、心地のよいメロディに乗せて届けてくれました。

十五の夜、十七歳の地図、卒業、I LOVE YOU。スクランブル交差点の真ん中で、叫ぶイメージがピッタリくるような。そんな言葉は、「今」の子には刺さらないんでしょうね。

先日、反抗期を「言葉」にしない中学生(いまどきの)という話を聞きました。あからさまには反抗しない、というより、そもそも反抗するという気持ちに圧迫されない?というイメージでしょうか。

ゆとり世代という言葉に代表されるように、学習指導要領の右往左往で固まりとして称される子供達(若者たち)。小学校で英語授業が始まり、中学でダンスが取り入れられ、今度は小学生がプログラミング(コンピューター)をします(必須で)。

大学入試は記述式になり、暗記が通用しない「勉強」でボーダーを引き、考え、生み出す力が必要になると、今の小学生の親たちはやきもきしています。選択肢から選び、マークシートで答えるテストからの脱却を図ろうとしています。

それを可能にした少子化。一人の子供にかける時間(分厚さというか)が格段に増したからくることです。二十年ほど前は、今の子供は虫歯が少ない、なんてことも聞きました。親が、毎晩、丁寧に歯磨きし、歯医者も無料なのでフッ素予防に通ったりするから、と言われました。

確かに。幼少期から「触れ合う」時間の濃厚さを当たり前のように受けてきた子供は、反抗する気持ちも、ぎこちなく(うまく言うことができず)暴力や無言で表現しなくても、しっかりと「言葉」に出来るのかもしれませんね。

そもそも、しっかりと言葉にするような試験で試されもするわけですし。

そう、そこ、つまり「それな!」というビンゴな言葉に、多くの若者が右へ倣え的に共感することも、なるほど減っていくよな、というような「今」の子の生活スタイル。

小学生になる息子を見ていても、周りのお友達を見ていても、そんなことを感じてしまいます。

みんなが同じようなテレビを見て、同じような遊びをして、同じように放っておかれて。そんな幼少期の積み重ねから、「言葉」を探していた私たちの世代は、代弁者なんていうカリスマ的存在を求めたのですが・・・。

今の子は、娯楽のデバイスが「個々」です。YouTubeは、まさしくそんな子たちの欲求を満たしています。多彩で多様で多種多色。個人が個人レベルでアップするから、相当深いところで発信していても、大々的に発信する人と同レベルで視聴できます。

それは、時間を選ばず、クオリティも選ばず、私たちが、学校の帰りにあぜ道で「何か」を探していた時のような気分かもしれません。

それにしても、年が明けてからというもの、寒い日が続きます。

お餅が本当においしいです。温かい出汁に、麺が手放せない気温です。先日、マツコの知らない世界(テレビ番組)で、カップラーメン特集をしていました。

毎年1000以上の新商品が出て、生き残れるのは3つ。そんなデータを示しながら、カップラーメンの代名詞、日清カップヌードルで普通(チキン)のとシーフード、カレーに次いで殿堂入り?したフレーバーは、トムヤムクン味だそうです。

万人に受けるよりも、コアなファンを狙う味。何となく、今っぽいな、と思いました。

さて、全国高校サッカー選手権もベスト4から決勝戦です。先日、大阪桐蔭高校のラグビー部が全国制覇したというニュースがありました。ラグビー。2019年は、ラグビーイヤーになるか?と予想されましたが、今のところ、そういうこともなさそうですね。

五郎丸ブームで、仮に、あのまま彼が王者のリーグで活躍できていれば、なんて思いますが、まぁ、9月になって、ラグビーW杯が始まったら始まったで、盛り上がるんでしょうね。何しろ、日本で開催ですからね。

年末、突如思い立って、スラムダンク(新装版/全20巻)を買い、読んでいるので、今のところはバスケットボールが見たいです。Bリーグでも久しぶりに行くか、と思って調べると、千葉vs栃木のゴールデンカードは、なぜか水曜開催が多く、土日はあるにはあるんですが、2階席しか空いてませんね。

そもそも千葉の船橋まで行くのが一苦労なので、代々木あたりで東京vs千葉、土曜日の15時開始でゲームをしてくれないかな、と思いつつ、今年もJリーグが早速始まるな、とFC東京の日程を調べ、根尾を見に巨人と中日のオープン戦も行きたいなと迷っている間に、チケットって、なくなるんですよね。

さて、サッカーをやってる息子が、なぜかグローブを欲しがり、私としてはもってこい、親子でキャッチボールでもしてこようかな、と。

スポーツ店で、ドロースを塗って、しっかりと「育てる」本格的なグローブ(は高いので)はちょっと止めて、トイザらスで柔らかく軽量の(お遊び)を買いました。

それでも、息子には宝物のように大事なようで、今日は、その(お遊びの)グローブを抱いて寝ました。明日は晴れ予報。公園でキャッチボールしようっと。

晴れた、休日、公園で。キャッチボール。これに、会話なんていらないし、それは、それ以上なんですよね。不思議なものです。



 2019年1月13日

※過去の日記はこちらへ 
※不定期更新のブログはこちら

about this site




Copyright (C) 2003〜2019 Shogo Suzuki. All Rights Reserved.




.
■2018年11月18日更新
CinemaS
「search/サーチ」
Report
「世田谷246・京王フェス FUN RUN」
■2018年11月25日更新
Hot Times
「誕生日3」を追加
words
「概日リズム」追加
■2018年12月15日更新
Report
「TOKYO GLOBAL GATEWAY」
Scenic Spot
「箱根ロープウェイ、ぼんやり富士」
■2018年12月22日更新
Scenic Spot
「銀座ソニーパーク」追加
sekai-MESHI
「NAMIKI667」追加
■2018年11月10日更新
words
ネオトーキョー」
SHI-shu
「紫で舞ってる」
■2018年12月28日更新
Hot Times
「クリスマスin浅草、浅草寺」
atelier
「ムンク展」を追加
■2019年1月6日更新
Report
「崇仁新町(京都の屋台村)」
Scenic Spot
「笹塚ボウル」

西日を受けて走る!
@ららぽーと立飛にて

↑今週の1枚、
詳細は写真をクリック

■2018年10月20日更新
Report
「全国高校サッカー」追加
Tabi-Photo
「マチマチ・シンガポール」
■2018年10月28日更新
atelier
「DESIGNART TOKYO」
NaRaDeWa
「秋花火ならではの時間」
■2018年11月4日更新
Hot Times
「ブルーインパルス2018」
Scenic Spot
「クルマ三昧inお台場」
■2018年12月1日更新
SHI-shu
「守られたい」を追加
旅の本棚
「国宝」などを追加
■2018年12月8日更新
Report
「旅館探訪〈雪月花〉箱根」
Scenic Spot
「彫刻の森美術館」追加

.