「必ず最後に素は勝つ」

曲がり角でゴツン。と、何(誰)にぶつかるかは、その時の自分の勢いみたいなのに関係しているのかな、と思います。何にも「ごっつんこ」しない近頃の私は、勢いが、あるわけでも、ないわけでもなく。

もし、このままを保てるならベストなんですが、この先、グーンと(勢いが)下降するとすれば、自然と下を向きがちで、ゴツンと「物」に当たってしまうように思います。電柱や立て看板や、赤いコーンにけっつまづくかもしれません。

逆に、グイーンと上昇すれば、自然と歩くスピードもあがって、ちょっと駆け足みたいにグイッと曲がるから、ゴツンと「人」に当たってしまう確率が高いような気もします。大概、そういう勢いになるのは人混みで、駅の狭いコンコースか何かで、トンとぶつかる感じです。

「道路の曲がり角付近は見通しが良ければ徐行しなくてもよい。(普通自動車免許 学科試験より)」。正解は×。曲がり角では必ず徐行しないといけません。勢いがあっても、なくてもいけない徐行というのが、やっぱりいいんでしょうね。

そもそも徐行って、ゆっくり進むということですが、使われるのは自動車や乗り物の速度の時に限られていて、【直ちに停止できる速度】が、徐行らしいです。進んでもいいけど、すぐに止まれる速度。でも、そういう「成長」って、攻めてない・下降するだけ・じり貧、なんてことになるから厄介ですよね。

どんどん店舗を増やして、商品の流通を効率化させて売り切る。そんなコンビニの成長戦略に、待ったがかかっているようです。理由は人手不足と、それによる人件費の高騰。結構なスピードで店舗を増やしてきただけに、今は「徐行」に変えたという感じでしょうけど、そこには、直ちに停止できる、というのもあるのかな。新聞記事を斜め読みして思ったり。

そしたらすぐ隣の記事には、猛スピードで駆け抜けようとしている「6G」のことも書いてあって。通信の世界の第6世代。電波の届く範囲は狭い分、強力に、高速につなぐことのできる網が、10年後には張り巡らされるといいます。ちなみに、今年は、第5世代の「5G」が普及するそうです。

この6G。電波の届く範囲が狭いので「基地」がたくさん必要になって、昔の携帯電話の通話エリアマップをぼんやり思い出しながら、人の多いところ=電波が届く=赤く塗られた場所、ということになるんだろうな、「あそこ、田舎だから電波こない」なんてことにも、なるんだろうな、と思っていると、、、

この6G、多くのことが遠隔でできるので、人里離れたところほど、基地をたくさんつくって、通信環境を整える必要があるというのです。例えば、遠隔で診療する、地域のつながりをネット空間に生み出す、そして、まるでリアルのようにつながる。そんな環境を作るためですからね、そうなるんですね。人件費か、設備投資か。いずれにしてもお金がかかるんです。

NHKが3月からトライアルして、4月に本稼働させる「NHKプラス」。地上波と同時にネット配信をして、娯楽に便利というだけではない、緊急警報など必要不可欠な情報も、ネットを使って配信されます。

これは来る6Gの通信環境では、ますます幅を利かせて、もはや「あった方がいい」というものではなく、「なくてはならないもの」になるかもしれませんね。

今現在の4Gの世の中でも、多くのもが快適に快速につながるようになりました。音楽プレーヤーやカメラは不要で、録画用のデッキもいらなければ、テレビすら要らない。昨年の暮れごろから、本格的に財布(お札と硬貨)も不要、という世の中になりました。

それを「進化」として受け入れる私のような世代ではなく、デジカメやストリーミングが当然に存在した環境で育った世代は、逆に、使い捨てカメラや、カセットテープのアナログ感がたまらないらしく、復活の兆しもあるようです。

が、それらは必須のものというより、どこかこだわりの末に行きついたものという感じで。運転免許証やパスポートも、もしかすると、今の形が「懐かしい」といわれるようになるんじゃないかな、とか考えてしまいます。

パスポート中面の透かし絵が新デザインになるというニュースを見ながら、一方で、日銀や欧州中央銀行(ECB)など6つの中央銀行がデジタル通貨の発行を視野に入れて新しい組織をつくったいうのもあって。パスポートの新デザインは偽造防止のため、デジタル通貨は国家間の資金の流れをはやめるためらしいです。

いつまでも紙なんだ、というのと、紙はもういらないんだ、というのがない交ぜになったりします。

「いい木と住むこと」のキャッチコピーで、住友林業がCMする映像の中で、加瀬亮さんが「すきなもの」として器か何かをスマホ写真をとっているシーンが、個人的にとても大好きです。こだわって、選び抜いて、それらと一緒に暮らす。そんな空間って、便利とか高速とか軽量とか、そういうのとは真逆で、気持ちがすごく落ち着きます。

私の場合、ぼんやりと本棚を眺めたり、旅の途中で書いた日記をみたり、整理したエアーチケットを並べてみたり。そういう時間を、無駄を排したシンプルなリビングで過ごしていると、本当に贅沢な時間だな、と感じます。

お金はかけず、手間暇をしっかりとかけて。そういう料理にも、同じような心地よさを感じます。同時に、とても贅沢だな、と思います。金ぴかで、ザ・お金!を絵にかいたような贅沢空間よりも、そういう手間暇のかかった空間。それに贅沢を思うのは、和、なんでしょうかね。

過ぎない程度、というのでしょうか。○○過ぎない、ちょうどよさ。そういうのをしっかりと心得て、そこに向き合って、それらを並べて生きていく。これが、これからの時代の贅沢になっていくようにも思えます。・・・笑、年老いてます?

そんなことを考えていると、ふと浮かぶ光景があります。それは、幼いころの父の仕事場、テレビドラマ「おせん」の料理シーン、などです。クール・ジャパンで外向きに発信するものがアニメやオタクではなく、そんな手間暇をかけた空間やモノに変わっていく。

今、訪日外国人、特に欧米からの観光客は、東京や大阪ではなく、直島や田園風景のサイクリングなどに注目しているようです。日本人がパリではなくロワールへ、または南仏へ。そういう「奥」の方に着目して、そこで初めて知る本当の魅力、みたいなものに引き付けられたのに似ていますよね。

必ず最後に勝つ、のは、愛(だけ)ではなく、「素」なんじゃないかな、とかなんとか。

だからこそ、「素」の強さ。勝負は、素でするのだということ。それを余計に思います。す、とか、そ、とか。つまりは飾らず、加えず、地のままの。ひとりの人間としても、この「素」を高めていかないとな、と思います。

生まれたままの素(顔とかスタイルとか)は、高めようがないではないか。と、まぁ、そうなるんですが、ここでいうのは後天的な素。身に着け、磨き、造っては壊し、また造り。その繰り返しで、光沢のある素にできればな、ということです。

これは、子を持つ親として、子に願い、そのために親がすべきことを考えているときに、とても強く思います。幼いうちから、できるだけ選択肢を用意するために、いろんな経験をさせて、偏りのないバランスの良さを小学生のうちにつけてあげたい。

そこから「筋トレ」時期に入る中学以降は、自分で持久力をつけて、何か一つのことを極めてもらいたい。元横浜高校野球部監督の渡辺さんの言葉が、私にはそんな風に聞こえました。

極めた「素」。それは絶対の安定性。その素が、魅力的であればあるほど、素晴らしい。♪し〜んぱーい、ないからね〜。



 2020年1月25日

過去の日記はこちらへ 


※不定期更新のブログはこちら

about this site




Copyright (C) Shogo Suzuki. All Rights Reserved.
■2019年11月16日更新
SHI-shu
「踏んじゃった?」を追加
Scenic Spot
「ブルックリンブリッジ」
■2019年11月23日更新
Hot Times
「誕生日2019」を追加
Scenic Spot
「渋谷スカイ」を追加
■2019年12月21日更新
Tabi-Dana
旅の本棚」に裏ミシュラン等追加
Report
「新国立競技場こけら落とし」追加
■2019年12月28日更新
Hot Times
「しっぽりと、年末」を追加
words
「香港基本法・香港人権法」
■2019年11月10日更新
words
「Flygskam」を追加
Tabi-Dana
旅の本棚」に大阪芸大等追加
■2020年1月5日更新
Hot Times
「Bリーグ(東京vs千葉)」
Report
「USJ大晦日レポ」追加
■2020年1月12日更新
atelier
「高御座と御帳台」
Hot Times
「高校サッカー準決勝」を追加
■2020年1月25日更新
atelier
「中野正貴『東京』写真展」
Tabi-Dana
旅の本棚」に追加
■2019年10月12日更新
SHI-shu
「美しく笑っていた。」
Hot Times
「日本代表 vs モンゴル戦」
■2019年10月19日更新
Hot Times
Rugby World Cup
atelier
「バスキア展」
■2019年12月7日更新
Report
「福岡グルメ三昧」を追加
Tabi-photo
「福岡2019」追加
■2019年12月14日更新
MusicA
 高橋優を追加
Scenic Spot
「宗像大社」を追加
  
もちもちサクサクの朝食
@自宅にて

↑今週の1枚、
詳細は写真をクリック




■2020年1月18日更新
sekai-MESHI
「ステーキハウス 六角堂」
Scenic Spot
「下鴨神社」
■2019年10月26日更新
Report
「東京モーターショー2019」
words
「特定非常災害」追加
■2019年11月3日更新
Report
「ドイツフェスティバル」
Hot Times
ブルーインパルス2019