「まんぷく幸せ実りの札幌」

ご冥福をお祈るする気持ちと、国葬というスタイルとの間で、なんとも複雑な気分になった安倍元首相のお見送り。国葬については、賛否を真っ二つに分けたように見えて、統計的数字だけで言えば、反対の方が多いようにも見えるだけに、このご冥福をお祈るする気持ちが、なんだか違う方向へ振れてしまうようでもあって。

あるコメンテーターは、岸田総理の「聞く力」の本性が見えた、と言ってましたが、確かに、今回の件では、どこに耳を向けて、重要視したのかな、と考えさせられる判断でしたね。総理大臣ともなると、確かに(菅元首相の友人代表の言葉を借りれば)毎日大きな決断の連続ですからね。大変なんでしょうけどね。

台風が連続でやってきて、大荒れだった日本列島のシルバーウィーク。わが家は札幌へ行ってきました。

天気予報は雨で、気温も20度ちょっとだったので、スニーカーではなく、レインブーツ兼用のハイカットブーツに、がっつり長袖を着こんでの旅立ちでした。札幌上空には厚い雲が重なり、初北海道の息子は、機内から眼下を眺めながら「雨だね〜」と残念そうでした。

機内から出ると、ブルッと寒く。お〜、やっぱり寒いね〜と、短パンで来ていた若い男性グループが震えていました。が、それも一瞬。歩いて移動すると、別に短パンでもいけたかな、という程度の気温でした。

この日(9月23日)は、新千歳空港と札幌駅をつなぐ空港快速が、大雨の影響で大幅に遅延し、さらには運休もあったらしく、大混雑。ただでさえ、この秋のいい時期の札幌は観光客で混雑するのに、この遅延が追い打ちをかけたようでした。

久しぶりにブーツだったので、それもレインブーツ兼用のものだったので、足が痛くなり、スニーカーで来ればよかったと大後悔しながら、札幌駅まで立ちぱなっしで移動しました。途中(といってもかなり新千歳に近いような場所)、来年からの日本ハムファイターズの新スタジアム(ボールパーク)が見られました(まだ建設中でしたが)。

札幌駅から地下鉄ですすきの駅へ移動。冬は雪深いからでしょうか、地下街がものすごく発展していて、大通駅からすすきの駅までの1駅間が、まっすぐ地下街でつながっていました。私たちの宿は「ザ・ノット札幌」。その地下街から直結でした。

ホテルに入って、窓を開けると、目の前にメガドンキー(ホーテ)が、あって、路面電車に車に。超街なかなんですが、雨が、ね。本当に天気ひとつで、気分の上がり下がりって見事ですよね。

もう夕方近くだったので、雨の中、とにかくジンギスカンだ!と、超有名店の「だるま」へ。すすきのからやや外れに位置するのか、本店のすぐそばにある「5.5店」で並びました。いや〜、かなり並びました。店内からのおいしそうな匂いに、空腹が増して、増して、途中、近くのセイコーマートでパンを買いに行って食べたほどです。

雨だったので、店の壁にそって並んでいる間が辛く、店内に入って待合いの席に座れた時には、ホッとして。そこからも40分ぐらい待ったような気がします。全部で2時間弱、並んで、ようやくジンギスカン。これだけの「待て」状態の時間が、すごいスパイスにもなっていたように思います。

周りに野菜を敷き詰めて、鉄板の山の中腹ような場所で焼くジンギスカン。(羊だから)よ〜く焼いた方がいいのかと、ジュウジュウやっていると固くなって、失敗した、と思って、今度は軽めに焼くとニュルっとして、あれ?となって。まぁ、そんな感じで、ジンギスカンの上肉まで平らげて、おなか一杯になりました。タレがおいしいですね、ここは。ごはん、何杯でもイケそうでした。

その夜は、締めパフェを予定していましたが、もう満腹で歩けず、雨だったこともあってホテルに戻り、ロビーで無料のスイーツを食べました。このホテル、無料で出すレベルじゃないスイーツを無料で出してくれるし、スパークリングワインまで飲めました。いいホテルでした。

妻は、そんなプチスイーツの皿から数種類をパクパク食べながら、「やっぱりスイーツならいけたかも」と、あきらめた締めパフェを悔やんでいました。

翌日。まだ雨。初日の夜は、キリチャレのサッカー日本代表とアメリカ戦を観戦して、気持ちよく眠ったのに、起きてもまだ雨に、ちょっとがっくり。予定していた大倉山のジャンプ台はやめて、雨でも楽しめそうな白い恋人パークに行先を変更しました。

朝いちに行ったので、体験ものも当日予約が可能で、家族ででかい白い恋人にいろいろお絵かきしたりして。思いのほか、描き始めると夢中になって、妻も息子も私も、真剣にお絵かきしました。「私だけの白い恋人」完成。個人的には、これがハート形じゃなかったら、良かったのにな、と。

それから工場見学をしたり、ようやく雨もあがったので外をぶらぶらしながら、すっかりハロウィンムードの中で写真を撮ったり。道路を渡った先にはコンサドーレ札幌も練習するというサッカー場があって、この時は大学生がサッカーの試合をしていました。

白い恋人パークを後にする頃には、雨もすっかり止んで、小さな水たまりをよけながら歩くのもリズミカルになって。地下鉄を乗り継いで味噌ラーメンの名店「彩味」へ。こちらも、昨夜のだるま同様にオール観光客で列をなし、回転の速いラーメンだけに40分ぐらいの待ち時間で店内に入れました。

思っていたよりもあっさりして、しっかりした味。何より、麺が飛びぬけていて、瓶ビールの進む味でした。並んでいる間から注文がとられるので、席に座るとすぐにラーメンが提供されるといった、行列必至の店ならではのシステムが確立されていて。駐車場にも、専用の警備員がいましたからね。さすがです。

そこからは、札幌にきたからには、やっぱり訪れたいクラーク博士の像へ。大志を抱いてほしい息子(少年)をつれて、羊ヶ丘展望台からの札幌ドームの銀ピカが心地よく、すーっと視界の突き抜ける様は、これぞ北海道、でっかいどー、となりました。

一度、ホテルに戻って、のんびりしてから、歩いて大通公園へ。晴れた秋の札幌、地下街がどれだけ素晴らしいといっても、やっぱり外は気持ちよかったです。テレビ塔も時計台も、きれいな空とコントラストをなして素晴らしかった。

夕方も早い時間から、今回の旅のメイン、オータムフェストへ。大通公園に10ちかくの会場を設けて、北海道の食を堪能させてくれるイベント。ミュンヘンと姉妹都市である札幌、だからかオクトーバーフェストを思わせました。札幌のビール、やっぱり旨いですね。

海鮮よし、チーズやソフトクリームなどの乳製品もよし。畑からとれるポテトもトウモロコシも旨すぎて、さらには肉までいいときた札幌。食に死角なしでした。生ハム、ムール貝、肉串、ホタテ串。そしてもちろん札幌ラーメン。どれも旨すぎて、わいわい、がやがやした雰囲気もとてもよかったです。

秋の札幌は、食べすぎますね。

すすきの交差点でニッカウヰスキーのライトアップされた看板や、テレビ塔のライトアップなど、連休中日の大通公園からすすきのにかけての街は、観光客+地元民で、大賑わいでした(翌朝には、終電逃した組の若者が多くいました)。

翌朝は、早起きして市場へ。北のグルメ亭で食したいくら丼が、いままで食べた中でだんとつの1位の味。いくらを飲む、といいたくなるほどの、あの口の中でつぶしたあとのうまみが、じわ〜っとして、朝からなんとも幸せな気分。

もう1日あったら。オータムフェストにもう一度行って、スープカレーやタラバガニを思い切り頬張りたいところでしたが、札幌の旅は3日間。最後に、これでもか、というほどお土産を買いこんで帰宅しました。

開拓おかきはさすがだし、もちろんバターサンドも買って。Oh!焼きもろこし、に出会った今回は、それを大量に買い占めて、自宅でも食べて。ルタオのチーズケーキも恐ろしく美味しかったです。

次回のミラノでの冬季五輪の次、2030年開催の候補地になっている札幌は、地下鉄のホームドアには、必ずと言っていいほど、札幌に、オリンピックを、というポスターが貼られていました。

どうなるんですかね。また行きたくなる街であることは間違いなく、冬の札幌で雪まつりに冬季五輪、なんて夢のようなコラボだな、と思う一方で、梅雨のない6月の札幌、いや、やはり食の実りをこれでもかというほど堪能できる秋に、再訪したいな、と。


 2022年10月2日


過去の日記はこちらへ 

※不定期更新のブログはこちら

about this site




Copyright (C) Shogo Suzuki. All Rights Reserved.





■2022年8月20日更新
atelier
「アベンジャーズ展」
NaRaDeWa
「神戸ならではのビフカツ」
■2022年9月4日更新
sekai-MESHI
 ラーメン再訪に3店追加
atelier
「ロボット展」を追加
■2022年8月14日更新
Report
「通天閣@新世界」
Hot Times
「ねぎ焼き」を追加
■2022年6月5日更新
Hot Times
「温泉で卓球」を追加
words
「値上げ」を追加
■2022年7月9日更新
Hot Times
「すだち蕎麦」を追加
・Tabi-Danaの
旅の本棚」に追加
■2022年5月21日更新
Hot Times
「劇場でのお笑い」
Scenic Spot
「さざえ堂」を追加
■2022年5月28日更新
Scenic Spot
「平等院」を追加
atelier
「ずかんミュージアム」



でっかいど〜 @札幌にて


↑今週の1枚、
詳細は写真をクリック



■2022年6月11日更新
NaRaDeWa
「花束ならでは華やかさ」
SHI-shu
「言ってもしょうがないから・・・」
■2022年7月23日更新
atelier
「舞台ハリー・ポッターと呪いの子」
Scenic Spot
「東京スタジアム(味スタ)」
■2022年8月5日更新
Scenic Spot
「姫路城(2022)」
Tabi-photo
「神戸」を追加
■2022年6月25日更新
atelier
「ゲルハルト・リヒター展」
sekai-MESHI
 蕎麦紀行を追加
■2022年7月2日更新
sekai-MESHI
 ラーメン再訪を新規で追加
words
「フィルターバブル」を追加
■2022年9月10日更新
Hot Times
「LOVE BEER ホッと。」
words
「two-way player」
■2022年9月23日更新
sekai-MESHI
「韓国料理 KollaBo」を追加
atelier
「Immersive Museum」
■2022年10月2日更新
Report
「さっぽろオータムフェスト」
Tabi-photo
「札幌」